CHECK

クラフトビールが最も美味しくなる温度とは

クラフトビールが最も美味しくなる温度とは

クラフトビールに関して、万能な温度というものはありません。
仮にそうであったとしても、氷のように冷たいビールにはならないでしょう。
温度は私たちの味覚に大きな影響を与えるのです。
このお酒に含まれるさまざまなアロマやフレーバーは、その状態によって活性化したり抑制されたりします。
通常、温かいと風味が感じやすくなり、冷たいと風味が抑えられる傾向があります。
適温を選ぶことで、これらの化学物質のバランスが保たれ、クラフトビールや自家製ビールを楽しむことができるのです。
日本ではさまざまな味わいのクラフトビールが販売されているから、以下に示す代表的なビールの適温を参考にするといいでしょう。
一般的なライトラガーは2から4°C、アメリカンペールエールやほとんどのスタウトは7から10°Cが適切です。
スコットランドエールやベルギーエールは10から13°Cがおすすめです。
ビールのスタイルごとに冷蔵庫を使い分けることは難しいはずです。
ですから注いでから、理想の状態になるまで待って飲むのが、最高の状態でビールを楽しむための最も簡単な方法です。

個性豊かなクラフトビールのおいしい冷やし方

クラフトビールはビールの中でも個性的であり、よりおいしく飲むためには飲み方や温度に注意しなくてはなりません。
ラガー系のものはキレとのど越しが特徴であるので、5度程度まで冷やすのが基本です。
9度前後はフルーツビール系の門が良く、ぬるさを感じる程度が一番おいしく感じます。
9度前後の冷やし方は、冷蔵庫から出して10分ほど常温で放置が必要となるので、飲む時間を逆算すると良いです。
クラフトビールの中でも常温放置が長いのがペールエールなどになります。
冷蔵庫から出して15分程度が適しており、香りやコク、さらには甘みを感じることができます。
ビールは冷たくして飲むものという認識がありますが、クラフトビールでは冷やしすぎてしまうと味そのものが感じにくくなり、のど越しのみの感覚となってしまいます。
夏場などすっきりしたい場合はより冷たくしたほうが良いので、効率のよい冷やし方はビールグラスに氷水を入れて5分ほど待ち、グラスの中の氷水を出して飲む方法となります。

クラフトビールに関する情報サイト
クラフトビールのお役立ち情報

このサイトは味の表現からお取り寄せ方法まで、クラフトビールのお役立ち情報をご紹介しています。
職人技の感じられるビールが最も美味しくなる温度とはどのくらいなのか、といった気になる疑問にもお答えしているサイトです。
さらにビールの良さを引き立てるグラスに関しても解説していますので、美味しくビールを味わいたいという場合にはぜひ参考にしてみてください。
クラフトマンシップの感じられる小規模醸造所のビールについて知りたい人必見です。

Search